TOP › 提供するソリューションのコンセプト

住宅をお金に換える

住宅が資産として機能するツールでストック循環型時代のビジネスを強力に補完しサポートします。

住宅アカデメイア・プラザでご提供する各ソリューション開発の起点となっているのは、いざという時に「住宅をお金に換えられる」というコンセプトです。 買った直後から減価償却しはじめ、最終的には価値がゼロになってしまうにも関わらず、住宅ローンで縛られる人生を送らなければならない構造から脱却し、 住宅が資産として機能して住み替えや老後の資金として活用出来れば、 経済や個人所得が縮小するストック時代においても、ユーザーは幸福を手にすることが出来ます。
これから住宅を購入する第一次取得者世代へは、資産価値の高い住宅を安心して購入できる仕組みのなかで住宅を供給し、 既に住宅を購入したOB客へは、自宅の資産価値を維持し続けるサポートを行い、人生のネガティブな問題に寄り添い、問題解決を行う。 このことであらゆる世代の多様なニーズに応えることができ、住宅の周辺のビジネスにまで幅を広げ、システム全体の仕組みを持ち、全体適合を可能にする住宅アカデメイア・プラザは、「ハウジング・サービス・プロバイダー」(住生活支援サービス提供)としてストック住宅市場でのビジネスをご支援します。

互いの強みで補完し合うネットワーク「バーチャルカンパニー」

住宅アカデメイア・プラザからご提供するのは、各ツールだけではありません。 協調協業出来る「バーチャルカンパニー」という仕組みです。 住宅アカデメイアのネットワークには、住宅会社、建築士、建材流通業、住宅ネットワーク本部など多彩な企業様が存在します。 これら企業様との柔軟な提携を行うことで、様々な機能を補完できます。 全て自社で揃えようとせずに、強みの部分のみに特化し、足りない部分を提携やツールの利用で補完するという方法で、 多彩なサービスを揃えていくことができます。



具体的には、住宅アカデメイアのグループ会社である日本モーゲージサービスや、ハウスジーメンのネットワークなどを活用できます。 日本モーゲージサービスの代理店が出展している住宅アカデメイア・プラザの対面店舗、日本モーゲージサービスの代理店である建材パッケージャー、 一級建築士であるハウスジーメンの検査員、既存住宅インスペクター教育研究会やパッシブデザイン協議会の認定資格者…。 住宅アカデメイアが事業提携をサポートします。
ページの上に戻る